創設者紹介

鄭明析牧師について

鄭明析チョン・ミョンソク牧師の人生を表すならば、「ただひたすら神様」の一言に尽きます。戦後の貧困と飢餓の中、彼は9歳の時に聖書に出会い、「生きる目的」を探し求めました。貧困ゆえに小学校しか通うことができず、昼は両親の農作業を手伝い、夜は山や洞窟にこもって明け方まで聖書を読み、祈るという修道生活を続けました。そんな彼の生き方を理解できない親兄弟や村人から、気ちがい呼ばわりされながらも、ひたすら神様の愛に挑戦し続けたその生活は、気がつけば21年が過ぎ、真理を求めて読み続けた聖書の通読数は2,000回以上に至りました。修道生活を通して、神様とイエス・キリストの愛をあまりにも深く悟った彼は、ただ神様が願うことを行なって生きようと決心し、町へ出掛けては老若男女問わず聖書の福音をのべ伝え、病人や貧しい人に食べ物を分け与え、神様の愛を実践していったのです。

彼はベトナム戦争には2度、参戦しました。死と隣り合わせの戦場においても聖書を肌身離さず持ち歩き、1人の命も奪うことなく、神様の御言葉を守りました。ベトナム戦争から帰った後は、戦争で得た報酬を全て故郷の教会に寄付し、教会再建のために尽力します。
1978年、ソウルへと上京し、福音を述べ伝え始めます。初めのうちは、彼の話に耳を傾ける人はほとんどいませんでした。半年、1年と根気強く伝道を続けるうちに、数年後には1日に何十人、多い時には何百人と人が押し寄せ、10時間以上も説教を伝える日々を過ごしました。
その後、彼は生まれ故郷の地、月明洞ウォルミョンドンの開発を行います。その建設構想は、故郷の大自然を活用し、自然の中に聖殿をつくるという斬新な試みでした。
この世界にも類を見ない「自然聖殿」の美しく神秘的で雄大な佇まいは、多くの人を魅了し、年間100万人が訪れる名所となっています。
「ただひたすら神様」の精神で歩んできた鄭牧師の路程に、一人でも多くの人が触れられることを願います。

PAGE TOP