キリスト教福音宣教会|Christian Gospel Mission

CGMベースボール沖縄大会

2024年2月12日(日)那覇市の西原マリンパーク多目的広場にて、聖陽教会がホストとなり「CGMベースボール沖縄大会」を開催しました。

九州や関西からの参加者含め、合計30人ほどが参加しました。
試合前日までは雨が多く気温も下がり気味でしたが、当日は快晴でとてもプレーしやすい暖かな気候でした。

今回「愛と平和」をテーマに掲げて大会を行いました。沖縄が第二次世界大戦期に地上戦が激しく行われた場所であることと、昨今の世界情勢も鑑み、「敵味方関係なく一つになりながら、肯定的な声かけをして<平和の輪>を広げよう!」という意識で大会を作っていきました。

MVPに輝いた選手は、「神様が共にすることをいっそう強く実感し、自分のプレー以上の実力が発揮された!」と、初心者として野球大会に臨んだ緊張もありながら、素晴らしいプレーで個性が光っていました。

なお今大会の開会式では沖縄の民族楽器(三線)を用いた演奏が披露されたり、試合中にはお手製のサーターアンダギー やホットシークヮーサー が振る舞われたりと、野球だけではなく沖縄の文化も味わい 、有意義な時間を過ごすことができました。

沖縄の地でもこのように平和の大会が開けたことに感謝し、また今後も神様が喜ばれる愛と平和の大会を作っていきます。

20240212CGMサッカー関西大会の大会報告

2024年2月12日(月・祝)神戸市フレスカ人工芝フィールドで「CGMサッカー関西大会」を開催しました。春を感じさせる晴れやかな天候のもとでの開催となり、大阪、兵庫、京都、石川、名古屋から6チームが集い、選手、応援、大会スタッフを合わせて、142人参加する大会になりました。

本大会では「愛すれば平和が来る 〜ワンピース〜」というテーマを掲げ、大会に参加する一人一人欠けてはいけない存在(ピース)であり、お互いを愛し一つになることで平和(ピース)を実現していくことを目指していきました。

開会式では「平和」の意味について確認し、敵を愛し、人格的な成長をする中で、各自の技量を発揮し勝利を目指す大会にしていけるように心を合わせました。

8人制の30分ゲームで予選リーグを実施し、勝ち抜いた上位4チームがトーナメント戦を行う大会となりました。大会全体としては、11試合実施した中で、合計47ゴールが記録され、各チームでたくさんの得点が生まれる大会となりました。

最終的に、選手、応援が一つになり、華麗なパスサッカーで試合の流れをつかんだHEARTS KOBE(神戸チーム)が初優勝を遂げました。主将の谷選手は「私たちのチームは『愛で一つになろう』というテーマで今大会に臨みました。支える心、互いに思いやる心、助ける心を持って一つになることを目指しました。ピッチ外では、みんなで仲良く試合に向けて準備をし、ピッチ内では応援してくださっている方々、環境など、全てに感謝し、一人で行うのではなく、共に支え合いながらプレーをしました。そのような中で、一人一人の愛があふれ、一つになり、優勝することができました」と、チーム全員でつかんだ勝利だということを語ってくれました。

さらに、選手だけではなく、開会式でのダンスパフォーマンス、教会有志からの差し入れ、選手を支える温かい応援など、個性豊かに愛と平和の精神で作られる大会となりました。

大会前日の主日礼拝で、キリスト教福音宣教会創設者の鄭明析牧師が「深く悟る分、行いも変わります。その結果も変わります。行なってこそまた教えてくださるから、生活の中で熱心に行わなければなりません」と説教を伝えてくださいました。大会においても、各チーム、各個人が行なったとおりに、次の段階に成長するための課題や目標を悟る大会となりました。

続けて、愛と平和の精神が実体となった理想的なCGMサッカー大会を開催できるように、研究し開発していきます。