Christian Gospel Mission

Start content
キリスト教福音宣教会

Cristian Gospel Mission
キリスト教福音宣教会について

たった一人から始まったこの歩みは、今や世界60カ国に広がりました。1978年に代表牧師である鄭明析牧師が伝え始めた聖書のメッセージに感動して、全世界の数万人が集っています。1999年にCGMが設立されました。日本においても全国各地で、子どもからシニアに至るまで、活動が広がっています。

キリスト教福音宣教会

コンセプト

命を愛する

           

イエス・キリストが行われたことを学んでみると、私たちが考える以上に人間を深く愛してくださったと気づくようになります。その愛の心を受けて、私たちも隣人を助けます。

地球を愛する

自分の考えと言葉・生活を治めれば、環境もより理想的に治めることができます。地球の隅々まで、神様のものだからと心を込めてきれいに清掃する、代表牧師の実践にならって私たちも奉仕します。

芸術を愛する

感謝と愛に溢れた芸術で、神様に栄光を帰します。特別な舞台だけでなく「生活」を舞台にして、いつも主と共にする根本的な喜びの人生を目指しています。

スポーツを愛する

スポーツや応援を楽しみ、最後まで力を与えあい、相手を大切にする精神を育みます。心身の育成とより良い変化が理想的になされ、健康の土台にもなります。

事務局長あいさつ

キリスト教福音宣教会

近年、私たちを取り巻く社会情勢は急速に変化し続けています。多種多様な考えや思想が世の中に溢れる中、何が正しいのか判断することが容易ではありません。そんな人生の進むべき方向性を示してくれる羅針盤となるものが聖書です。一度しかない人生を本当に甲斐あるものとして生きるために代表・鄭牧師が教える御言葉が大きな助けとなることを信じ願ってやみません。

キリスト教福音宣教会事務局長

松村 健

キリスト教福音宣教会

PAGE TOP